【News】日本考古学史上最大の謎「土偶の正体」がついに解明

土偶の謎、「何をかたどったのか?」をついに解明したというNews記事です。

縄文時代の遺跡_遮光器土偶
土偶 Wikipediaより引用

縄文時代に作られた土偶は、女性や妊婦をかたどったものだ、というのが多くの人の認識だろう。「そうではない」という驚きの新説を提唱したのが、人類学者の竹倉史人氏だ。では、土偶は何をかたどっているのか?  その結論に至った過程と具体的な土偶の解読内容を前後編でお送りする。(JBpress)

https://news.yahoo.co.jp/articles/253d7e7a6fb413f04788977f2f329280dde7b47f

縄文時代の過去記事はこちら

ではなぜ、最重要と思われる植物霊祭祀の痕跡は見つかっていないのだろうか。
「植物霊祭祀の痕跡が見つかっていない」のではなく、本当はすでに見つかっているのに、われわれがそれに気づいていないだけだとしたらどうだろうか。
実はこれこそが私の見解なのだ。
つまり、「縄文遺跡からはすでに大量の植物霊祭祀の痕跡が発見されており、それは土偶に他ならない」というのが私のシナリオである。このように考えれば、そしてこのように考えることによってのみ、縄文時代の遺跡から植物霊祭祀の痕跡が発見されないという矛盾が解消される。

ということで、竹倉史人氏によると、土偶は、植物霊祭祀に用いられた。ということのようです。
的を得た研究結果だと思いました。

Follow me!

前の記事

神功皇后と三韓征伐

次の記事

仁徳天皇 大鷦鷯天皇